.: 記憶術(HOME)       .: 誕生のきっかけ       .: 常識を覆そう!       .: ジニアス記憶術とは?       .: 記憶術News
  ジニアス 記憶術




社会には、記憶することが必要なシチュエーションが数多くあります。

小・中・高・大学試験や各種資格試験etc…

記憶が必要になる時というのは、人生の中で、非常に重要なターニングポイントになる得る場面ということも出来るのです。
それらの試験に「記憶すること」が重要視されないのならば、記憶術なんて必要がないことは言うまでもありません。

しかし…

実際はどうでしょうか?
インターネットで検索してみればよく分かります。
さまざまな記憶術が表示されませんか?その方法も多種多様です。

なぜこんなにも多くの記憶術のやり方があるのか?そして、なぜ多くの人が記憶術に頼るのでしょうか?

答えは簡単です。
記憶すること、すわなちそのことが、より高い社会的地位や資格を得るために必要となるからです。このことは誰も否定することでもないでしょう。

各種試験に必要なことはなんでしょうか?
覚えることです。暗記することです。そうではない試験問題でさえ、基本的なことを覚えることなしには、問題を解くことは出来ない仕組みになっています。

確かに批判も存在します。
記憶しさえすれば、テストに合格するのであれば、そんなものは教育ではない―。そう考える方もたくさんいます。

ただし―

現実はどうでしょうか?試験問題を眺めてみても、過去とどれほど変化があるでしょうか?確かに形は変わってきているかもしれませんが、実際は記憶することが非常に重要な要素を占めている―、と言っても過言ではないでしょう。

しかし、裏を返せば…
記憶さえしてしまえば、本来難関とされる試験にさえ合格することが出来る―、とも言えるのです。

批判することは可能でしょう。悪態をつくことも簡単なことです。でもちょっと待ってください。これから試験に臨もうとする方はとりわけそうです。批判する前に、これをチャンスと思うくらいがちょうどいいのではないでしょうか?そのチャンスを掴むためのツール、ジニアス記憶術が目の前にあるのですから…。

事実、このジニアス記憶術を学んだ多くの人たちが、大学受験や資格試験などを突破しているのです。

では、任天堂DSで有名な川村明宏博士が、この記憶術を誕生させたきっかけとはなんだったのでしょうか?


ジニアス記憶術
 

記憶術の
やり方でお悩みの方へ。

ジニアス記憶術
Copyright 記憶術 All Rights Reserved